私の便秘解消法が中国で通用するか

| コメント(0) | トラックバック(0)
便秘の時はウオシュレットの水の勢いを「強」にして肛門を刺激すると溜まった便が出やすくなることを皆さんはご存知ですか?
私は色々な便秘解消法を試して、やっと辿り着いたのがこの方法でした。
この方法で便秘生活とサヨナラをしたのは三年ほど前の話です。
が、ようやく便秘という地獄の苦しみから解放された私に、さらなる困難が襲いかかってきます。
「来月から、中国の支店に勤務してもらうから」。
私は「もよおしているのに出ない」タイプの便秘ですから、もよおした時には出しておかないと、それが溜まってだんだんひどい状態になってしまうのです。
日本ならば、色々な所にウオシュレットがありますから、もよおした時はどっかしらに「助け舟」が停泊しているわけですが、海外はどうなのかわかりません。
まさか中国が日本のような「ウオシュレット大国」とは思えませんから不安が募ります。
中国は上海での勤務が始まると、案の定、街の中にウオシュレット完備の場所などまずみかけません。
私は外回りですから、たとえオフィスにウオシュレットがあっても、
それではあまりありがたくありません。「したい時にウオシュレットで刺激して出しておかないと、また地獄の便秘の苦しみに襲われてしまうのです」。
まだ、上海の生活には慣れていませんが、私の上海生活が快適か否かは、街中にウオシュレット付きのトイレを見つけられるか否かにかかっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://puente.mbsrv.net/mt/mt-tb.cgi/566

コメントする

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、プエンテが2013年8月10日 12:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミネラルファンデーション未経験者が知っておくべきこと」です。

次のブログ記事は「コンビの化粧品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ